独身者の暮らし

近年増加傾向にある独身生活者。一般的に孤独で寂しいイメージを持たれがちですが、その実態はどのようなものなのでしょう。一人で暮らす毎日を時に笑い、ある時は悲しみに暮れ、今日も多くの独身者がこの国に生きているのです。

一人暮らしに栄養のある健康に良い飲み物を

f:id:bigfields2000:20171129100643j:plain

 

一人暮らしをしていて、栄養のある、健康にいい飲み物が飲みたい、ということはありませんか。

 

そんなときは、ミドリムシの飲み物を飲みましょう。

 

ミドリムシの飲み物は栄養が豊富で身体に良いですよ。

 

それは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などがたくさん含まれているからです。

 

普段、不足しがちな栄養素が豊富だからいいですね。

 

でも、身体にいいからといって、ミドリムシの飲み物ばかり飲んでいたら大丈夫というわけではありません。

身体のためには、バランスよく、いろんな食べ物を食べたほうがいいですよ。

 

最近、最近野菜不足などが気になる人が青汁を飲んだりしていますね。

青汁は、野菜の栄養素がありますが、ミドリムシの飲み物は野菜の他に、肉や魚の栄養素も含まれています。

 

なので、この飲み物はすごいと思いませんか。

 

栄養バランスを考える多くの現代人にこのミドリムシの飲み物は良いのではないかと思うのです。

 

身体のためになる、健康にいい飲み物を探しているのなら、ミドリムシの飲み物を飲んでみたらいかがでしょうか。

栄養豊富ですよ。

 

詳しくはこちらから↓

送料無料お試し\500ユーグレナの緑汁  

 

 

一人暮らしの部屋を彩る、おしゃれなテーブル

f:id:bigfields2000:20171107205222j:plain

 

一人暮らしの部屋に置く、おしゃれなテーブルが欲しい

 

一人暮らしのお部屋の数は、一つか多くても二つくらいです。

 

そのような、限られた少ないスペースに置くテーブルは、おしゃれの重要なポイントですよね。

 

小さなお部屋の中で、テーブルは、ひときわ自己主張の強い家具の一つです。

 

テーブル選びがそのままお部屋のおしゃれ度を決めてしまうといっても過言ではないのです。

 

そんな理由から、自分の部屋に合う、おしゃれなテーブルをお探しの方も多いのではないでしょうか。

 

そのような人にお勧めのテーブル専門の通販サイトがあります。

 

一人暮らしのお部屋に丁度いい大きさのテーブルが品揃え豊富に販売されています。

 

ローテーブル、ちゃぶだい、脚が折りたためるタイプなど、種類もカラーもいろいろ選べるので、自分好みのテーブルにきっと出会えます。

 

値段もお手ごろで、送料も無料です。

 

おしゃれなテーブルをお探しならご参考にして頂けたら幸いです。

 

詳しくはこちらから↓

テーブル、机をお探しなら是非クリック!!全品送料無料!!  

 

 

経済的に自立していない実家暮らしの独身者の課題

f:id:bigfields2000:20171014103700j:plain

 

結婚していない独身者の中には実家暮らしの方もいることでしょう。

 

実家暮らしは1人暮らしに比べると、親や兄弟などが身近にいるので何かと心強いものだと思います。

 

また、食事の支度や洗濯などは親がやってくれるケースも多く福利厚生面においてとても恵まれています。

 

時には身内でのいざこざなど、煩わしいこともあるでしょうが、生活物資も揃っていて普段の生活には不自由を感じることは少ないことでしょう。

 

なので、実家暮らしは1人暮らしに比べると、楽で快適な暮らしと言えそうです。

 

そんな、とても楽で居心地の良い実家暮らしですが、独身者にとって何か問題や課題などはあるのでしょうか。

 

まず、考えられることは実家で暮らす独身者の経済的な問題です。

 

実家暮らしでも、職について収入のあてのある人は問題ありません。

 

実家で暮らしながら仕事をして、いずれはお嫁さんやお婿さんを迎えるのも良いでしょう。

 

たとえ結婚することが無くても、親の死後、その家を自分が継いでそのまま暮らせばいいのです。

 

しかし問題なのは、働かないで無収入の独身者が実家でニートのような状態になっている場合です。

 

そのような人は働いていないので、金銭面ではすべて親に依存しています。

 

このような独身者は将来親が死んだあと、生活費の工面をどうにかしなければなりません。

 

家が大金持ちで資産が山ほどある人は別ですが、多くの場合は生きていく上での最低限の生活費をどうするのか、という問題が浮上するはずです。

 

では、このような問題にどう対処すればいいのでしょうか。

 

一般的には、やはり親の生きている間に、何らかの収入のあてを確保することが必要不可欠と言えるでしょう。

 

どこかへ就職するか、アルバイトやパートをするか、または自営業を始めるか。

 

どのような形態であれ、最低限の生活費は確保しなければならないでしょう。

 

しかし、収入のあてがないうちに親が他界してしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

もしそうなってしまったら、最終手段です。

 

最後のライフライン生活保護を受けるしかありません。

 

その時まだ働ける年齢なら、とりあえず生活保護を受けながら何か仕事を探すことになるでしょう。

 

経済的に自立していない、実家暮らしの独身者には、このような課題があるのですね。

 

仕事探しはこちらから↓

バイトから社員へ【バイトルNEXT】  

 

 

独身者の節約は電気代から

独身者の暮らしにおいても当然生活費はかかります。

 

生きていくうえで必要不可欠なお金。

 

特に独身者にとってはライフラインの意味合いがことさら強いものといえます。

 

そんなお金は無駄遣いするわけにはいきません。

 

老後のためにもできるだけ節約したいものですね。

 

では、実際に節約するには何から始めたらいいのだろう。

 

そう思う人もいると思います。

 

そんな人は電気代から節約してみていかがでしょうか。

 

独身者世帯は家族世帯に比べると電気の消費量は少ない方です。

 

なのにブレーカーのアンペアが使いもしないのに高めに設定されている。

 

そんな家に住んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

そんな人はアンペアを下げてもらいましょう。

 

そうすれば電気代の基本料金を下げることができます。

 

電力会社の窓口に電話すれば簡単に変更してもらうことができます。

 

毎月かかる電気代です。

 

年単位にすればそれだけでかなりの生活費の節約になるのではないでしょうか。

 

良い部屋と悪い部屋の見分け方

f:id:bigfields2000:20170729211111j:plain

 


部屋は独身者が毎日を暮らす大切な生活拠点です。

 

なるべく住み心地の良い部屋を見つけて楽しく健康に過ごしたいものですね。

 

時に大変で困難な独身生活を過ごしていけるのもいい部屋があってこそ。

 

住み心地の悪い住みづらい部屋に住んでしまったら、それこそ大きな痛手を負うことになります。

 

そんなことにならないためにも、特に独身者はいい部屋を探さなければなりません。

 

このページでは、良い部屋と悪い部屋の基本的な見分け方を考えてみたいと思います。

 

 

まず最初に独身者が部屋を選ぶ際に思い浮かぶことは部屋の間取りだと思います。

 

住宅情報サイトなどの間取り図を見て「あの部屋もいいな」、「この部屋もいいな」とどれにしようか迷うことでしょう。

 

基本的に独身者には多くの部屋はあまり必要ありません。

 

とはいえ部屋数や広さなどは人それぞれ好みの問題が大きいので、そこは各自自由に決める領域と言えるでしょう。

 

見分ける際に重要になることは、必ず実際に内見してみることです。

 

間取り図と写真だけを見ただけで知った気分になってしまうものですが、実際に自分の目で見て、肌で感じて決めましょう。

 

その際に大切なことは、疑問に思ったことは遠慮せずなんでも聞くことです。

 

見落としてしまうことが多いのが収納スペースです。

 

特にワンルームの部屋でありがちなのが収納スペースの無い物件です。

 

内見の時は他の部分に気をとられて収納スペースがないことに気が付かなかった。

 

ということは良くある話です。

 

網戸があるのかも調べたいところです。

 

また、ゴキブリなどの害虫も時々出る分には仕方ありませんが、あまりにも多いと気分が悪くて住めたものではありません。

 

ゴキブリの多い部屋を見分けるのはなかなか難しいものです。

 

もし内見の時に小さなゴキブリの子供などを見かけたら要注意です。

 

隣接した部屋が非常に不衛生でゴミ屋敷状態だと自分の部屋にもゴキブリがやってくることがあります。

 


つぎに、大切なことは日当たりや立地条件などの風水面に関する問題です。

 

人の身体や心は住環境に大きく左右されるものです。

 

なので、なるべく日当たりのいい部屋を選びたいものです。

 

一日中日の当たらない陰気な部屋にいると気分まで暗く落ち込んできてしまうものです。

 

すぐ隣に鉄道や幹線道路が通っている所もお勧めできません。

 

夜中も騒音で悩まされてはストレスの元になってしまいます。

 

工業地帯や準工業地帯付近の物件の場合は、近くに騒音や異臭を放つ工場などがないかなども調べたいですね。

 

なので近隣の生活環境も自分の足で歩いてしっかりとチェックしましょう。

 


そして最後に近隣住民などの人的な問題です。

 

となりの部屋や隣近所の家にはどんな人が住んでいるのか。

 

これは無視できない重要な問題です。

 

普通におとなしく暮らしている人たちが多い所なら問題はありません。

 

しかし、夜中にどんちゃん騒ぎや大音量で音楽を流したりする非常識な住人が住んでいた場合は目も当てられません。

 

そんなひどい部屋に住まないためにも出来るだけ下調べしましょう。

 

最低限調べるところは郵便ポストの近辺とごみ集積場です。

 

郵便ポストのところにチラシなどが散乱してろくに掃除されていない物件は要注意です。

 

ごみ集積場もしっかりチェックしましょう。

 

ひどく汚れていたり分別されていないゴミが捨ててあった。

 

そんな光景を見かけたら、それは良くない兆候と言えるでしょう。

 

そこにはごみの分別も出来ない人が住んでいる可能性があります。

 

その物件にはどんな人が多く住んでいるのかを内見の時に不動産業者の人にそれとなく聞いてみるのも一つの方法です。

 

以上、基本的な部屋の見分け方を思いつくまま書いてみましたが、部屋探しはとても奥が深く一筋縄ではいかないものです。

 

部屋探しは心身ともにエネルギーをとても消耗します。

 

時間と心と体力に余裕をもって焦らずにいい部屋を見つけたいものですね。

 

お部屋探しはこちらから↓

価格.comの賃貸物件"一括検索"サイト「スマイティ」  

 

 

独身者の家電

f:id:bigfields2000:20170727222258j:plain

独身者の毎日の生活をサポートする家電製品。


一人で生活しなくてはならない独身者にとって家電製品は頼りになる相棒のような存在です。


代表的なもので冷蔵庫、洗濯機、炊飯器などがありますが、皆さんどのような基準で選んで購入しているのでしょう。


独身者の家電選びに大切なことを考えると以下の3つのポイントがあげられます。


1, 機能的であること
2, 小型であること
3, 愛着が持てること

 

まず機能面で言えば基本性能がしっかりとしていることが前提です。


実用性に欠けては独身者の家電には向いていないでしょう。


次に大きさは大きなものは向いていないといえます。


大きなものを選ぶと引越しなどの時にお荷物になってしまうものです。


そして無視できないのが愛着を持てるかどうかという問題です。


独身者にとって身近な家電製品はパートナーのような存在だから自分の好みのものを選びたいですね。


以上のようなポイントが独身者の家電に向いているようです。


お気に入りの家電に囲まれて快適な独身ライフをエンジョイしたいですね。

 

広告を非表示にする

独身者向きのインターネット回線

f:id:bigfields2000:20170727220136j:plain

 

人々の暮らしに必要不可欠になったインターネット。

 

いまでは私たちの生活のあらゆる部分に入り込んでいますね。

 

なので現代の独身生活にはインターネット回線は必需品と言えるでしょう。

 

独身者は独りなので人とのつながりを大切にしたいものです。

 

メールやSNSなどのコミュニティーに参加するにはネット回線が無くては始まりません。

 

 

また、独身者で新聞を購読する人は年々減っているようです。

 

しかし、日々のニュースや時事問題などは収集しなければなりません。

 

そのような情報を得るのにインターネットは便利です。

 

さらに動画サイトなどの娯楽も独身者には欠かせないものです。

 

 

では、独身者にとってネット回線はどのようなものを選ぶのがいいのでしょうか。

 

今の時代、パソコンは小型化し、モバイル端末化しています。

 

昔のように家の中だけでは無く、外出先での利用も一般化しております。

 

だからと言って、家の中用の回線とモバイル回線の両方と契約していては、家計を圧迫してしまうことでしょう。

 

最近のモバイル回線はその利用範囲も拡大し、速度もどんどん早くなっています。

 

そんなことから、家でもモバイル回線を利用して、ネットはモバイル回線1つと契約するというスタイルが浸透しているようです。

 

モバイルブロードバンドはこちら↓

【WiMAX2+】WiMAXなら家でも外でも使い放題