独身者の暮らし

近年増加傾向にある独身生活者。一般的に孤独で寂しいイメージを持たれがちですが、その実態はどのようなものなのでしょう。一人で暮らす毎日を時に笑い、ある時は悲しみに暮れ、今日も多くの独身者がこの国に生きているのです。

良い部屋と悪い部屋の見分け方

f:id:bigfields2000:20170729211111j:plain

 


部屋は独身者が毎日を暮らす大切な生活拠点です。

 

なるべく住み心地の良い部屋を見つけて楽しく健康に過ごしたいものですね。

 

時に大変で困難な独身生活を過ごしていけるのもいい部屋があってこそ。

 

住み心地の悪い住みづらい部屋に住んでしまったら、それこそ大きな痛手を負うことになります。

 

そんなことにならないためにも、特に独身者はいい部屋を探さなければなりません。

 

このページでは、良い部屋と悪い部屋の基本的な見分け方を考えてみたいと思います。

 

 

まず最初に独身者が部屋を選ぶ際に思い浮かぶことは部屋の間取りだと思います。

 

住宅情報サイトなどの間取り図を見て「あの部屋もいいな」、「この部屋もいいな」とどれにしようか迷うことでしょう。

 

基本的に独身者には多くの部屋はあまり必要ありません。

 

とはいえ部屋数や広さなどは人それぞれ好みの問題が大きいので、そこは各自自由に決める領域と言えるでしょう。

 

見分ける際に重要になることは、必ず実際に内見してみることです。

 

間取り図と写真だけを見ただけで知った気分になってしまうものですが、実際に自分の目で見て、肌で感じて決めましょう。

 

その際に大切なことは、疑問に思ったことは遠慮せずなんでも聞くことです。

 

見落としてしまうことが多いのが収納スペースです。

 

特にワンルームの部屋でありがちなのが収納スペースの無い物件です。

 

内見の時は他の部分に気をとられて収納スペースがないことに気が付かなかった。

 

ということは良くある話です。

 

網戸があるのかも調べたいところです。

 

また、ゴキブリなどの害虫も時々出る分には仕方ありませんが、あまりにも多いと気分が悪くて住めたものではありません。

 

ゴキブリの多い部屋を見分けるのはなかなか難しいものです。

 

もし内見の時に小さなゴキブリの子供などを見かけたら要注意です。

 

隣接した部屋が非常に不衛生でゴミ屋敷状態だと自分の部屋にもゴキブリがやってくることがあります。

 


つぎに、大切なことは日当たりや立地条件などの風水面に関する問題です。

 

人の身体や心は住環境に大きく左右されるものです。

 

なので、なるべく日当たりのいい部屋を選びたいものです。

 

一日中日の当たらない陰気な部屋にいると気分まで暗く落ち込んできてしまうものです。

 

すぐ隣に鉄道や幹線道路が通っている所もお勧めできません。

 

夜中も騒音で悩まされてはストレスの元になってしまいます。

 

工業地帯や準工業地帯付近の物件の場合は、近くに騒音や異臭を放つ工場などがないかなども調べたいですね。

 

なので近隣の生活環境も自分の足で歩いてしっかりとチェックしましょう。

 


そして最後に近隣住民などの人的な問題です。

 

となりの部屋や隣近所の家にはどんな人が住んでいるのか。

 

これは無視できない重要な問題です。

 

普通におとなしく暮らしている人たちが多い所なら問題はありません。

 

しかし、夜中にどんちゃん騒ぎや大音量で音楽を流したりする非常識な住人が住んでいた場合は目も当てられません。

 

そんなひどい部屋に住まないためにも出来るだけ下調べしましょう。

 

最低限調べるところは郵便ポストの近辺とごみ集積場です。

 

郵便ポストのところにチラシなどが散乱してろくに掃除されていない物件は要注意です。

 

ごみ集積場もしっかりチェックしましょう。

 

ひどく汚れていたり分別されていないゴミが捨ててあった。

 

そんな光景を見かけたら、それは良くない兆候と言えるでしょう。

 

そこにはごみの分別も出来ない人が住んでいる可能性があります。

 

その物件にはどんな人が多く住んでいるのかを内見の時に不動産業者の人にそれとなく聞いてみるのも一つの方法です。

 

以上、基本的な部屋の見分け方を思いつくまま書いてみましたが、部屋探しはとても奥が深く一筋縄ではいかないものです。

 

部屋探しは心身ともにエネルギーをとても消耗します。

 

時間と心と体力に余裕をもって焦らずにいい部屋を見つけたいものですね。

 

お部屋探しはこちらから↓

価格.comの賃貸物件"一括検索"サイト「スマイティ」  

 

 

独身者の家電

f:id:bigfields2000:20170727222258j:plain

独身者の毎日の生活をサポートする家電製品。


一人で生活しなくてはならない独身者にとって家電製品は頼りになる相棒のような存在です。


代表的なもので冷蔵庫、洗濯機、炊飯器などがありますが、皆さんどのような基準で選んで購入しているのでしょう。


独身者の家電選びに大切なことを考えると以下の3つのポイントがあげられます。


1, 機能的であること
2, 小型であること
3, 愛着が持てること

 

まず機能面で言えば基本性能がしっかりとしていることが前提です。


実用性に欠けては独身者の家電には向いていないでしょう。


次に大きさは大きなものは向いていないといえます。


大きなものを選ぶと引越しなどの時にお荷物になってしまうものです。


そして無視できないのが愛着を持てるかどうかという問題です。


独身者にとって身近な家電製品はパートナーのような存在だから自分の好みのものを選びたいですね。


以上のようなポイントが独身者の家電に向いているようです。


お気に入りの家電に囲まれて快適な独身ライフをエンジョイしたいですね。

 

広告を非表示にする

独身者向きのインターネット回線

f:id:bigfields2000:20170727220136j:plain

 

人々の暮らしに必要不可欠になったインターネット。

 

いまでは私たちの生活のあらゆる部分に入り込んでいますね。

 

なので現代の独身生活にはインターネット回線は必需品と言えるでしょう。

 

独身者は独りなので人とのつながりを大切にしたいものです。

 

メールやSNSなどのコミュニティーに参加するにはネット回線が無くては始まりません。

 

 

また、独身者で新聞を購読する人は年々減っているようです。

 

しかし、日々のニュースや時事問題などは収集しなければなりません。

 

そのような情報を得るのにインターネットは便利です。

 

さらに動画サイトなどの娯楽も独身者には欠かせないものです。

 

 

では、独身者にとってネット回線はどのようなものを選ぶのがいいのでしょうか。

 

今の時代、パソコンは小型化し、モバイル端末化しています。

 

昔のように家の中だけでは無く、外出先での利用も一般化しております。

 

だからと言って、家の中用の回線とモバイル回線の両方と契約していては、家計を圧迫してしまうことでしょう。

 

最近のモバイル回線はその利用範囲も拡大し、速度もどんどん早くなっています。

 

そんなことから、家でもモバイル回線を利用して、ネットはモバイル回線1つと契約するというスタイルが浸透しているようです。

 

モバイルブロードバンドはこちら↓

【WiMAX2+】WiMAXなら家でも外でも使い放題  

 

 

ブックオフに行く休日

休日の午後、天気もいいしどこか行きたいな。

 

でも、どこに行けばいいだろう?

 

そんな時間のぽっかり空いた休日のひと時。

 

独身者の間ではブックオフへ行くという習慣を持った人もいることでしょう。

 

何となく家の中にいるのが嫌だ。

 

でも、お金もないし行くところもない。

 

そんな中途半端な状態の受け皿になるのが休日のブックオフなのです。

 

ちょっと遠出したい気分のときは遠くにあるブックオフを目的地にして出発します。

 

または少しだけ散歩したいなと思ったときは近場のブックオフを目指して家を出ます。

 

徒歩、自転車、バス、電車など交通手段は人それぞれ。

 

行く途中の行程がまた楽しくもあるのです。

 

店についたら、最近発売の本から昔懐かしい本まで自由に立ち読みします。

 

周りを見渡せば、自分と同じ暇そうな人たちが思い思いに立ち読みにふけっています。

 

面白いと思った本があったら買ってみるのもいいですね。

 

そこには意外な本との出会いが待っていることでしょう。

 

f:id:bigfields2000:20170723134226j:plain

 

独身生活とコインランドリー

コインランドリーで過ごす時間

 

f:id:bigfields2000:20170712162932j:plain


コインランドリーは洗濯機をもたない独身者にとって無くてはならないものです。


コインランドリーに行く。これは実に独特で特殊な行為と言えます。


平日の帰宅後、または休日の時間を利用してのコインランドリーでの洗濯。


洗濯が終わるまでの時間をある人はスマホをいじり、またある人は缶コーヒーを飲んだり本を読んだりして自由に時間を潰します。


洗っている間に買い物などを済ませる人もいることでしょう。


これらの何気ないコインランドリーでの時間は実に独身者らしい時間と言えそうです。


コインランドリーで過ごす時間が何となく好きだと感じている独身の方もけっこういるのかもしれませんね。

部屋は寝に帰るだけ

部屋よりも街に住むという選択肢

 

f:id:bigfields2000:20170712161129j:plain

 

独身生活者の中でたまに見かけるのが、自分の部屋には眠りに帰るだけが目的の人です。


そのような人の部屋は寝室の機能さえあれば充分です。


狭い部屋に寝具と洗面用具などがあればそれで間に合ってしまうのです。


では、なぜそのようなライフスタイルをとる独身者がいるのでしょうか。


理由はいろいろ考えられますが、多くの場合次のような理由によるものだと思われます。


だれもいない寂しい部屋に帰るぐらいなら、夜遅くまで外で過ごしていたい。


1人でいるより他人と接していることが好きな人などがこのように思います。


また、普段は1人の暮らしに寂しさを感じたりせず、むしろ1人暮らしが好きな人でも、時として1人自室にいるのが辛く感じるときもあります。


そんな時に、独身者の部屋は寝に帰るだけのものになってしまうのです。


では、そんな独身者は夜遅くまでいったい何をしているのでしょうか。


まず、夕食はもちろん外食で行きつけのお店などでとります。


その後は趣味や娯楽の時間で、ある人は習い事、またある人はパチンコ屋で遅くまで粘る人もいることでしょう。


喫茶店で新聞を読んだり、読書などをして寛ぐ人もいると思います。


そして、夜11時頃に帰宅して歯を磨いてそのまま寝てしまうのです。


このような独身者の生活形態を見ているとあることに気づきます。


それは何かと言うと、彼らは街に住んでいるということです。


自分の部屋に住むというより、街全体を自分の部屋のようにしてしまっているのです。


行きつけの定食屋のおばちゃんを自分の母にみたて食事の世話をしてもらい、喫茶店を自分の書斎にし、さらに銭湯を自分の浴室として使う。


やっていることは普通の人と同じです。


違いは、家の中か外かの違いだけです。


そして、こう見てみると、このようなライフスタイルにも多くのメリットがありそうです。


自分の部屋でちまちま暮らしているよりも、外のいろんなお店を利用することで多様な文化に触れることができます。


さらに多くの人とのふれあいがその人の考え方にも影響を与えるかもしれません。


これから独身者がいっそう増加する時代に、このような暮らし方は、独身生活にある種の楽しみを与えるかもしれませんね。

 

広告を非表示にする

引越し貧乏に陥りがちな独身者

f:id:bigfields2000:20170712160257j:plain

 

引越し貧乏という言葉を聞いたことがあるでしょうか。


引越し貧乏とは、引越しばかりして金欠状態になってしまうことです。


ご存知の通り、引越しにはお金がかかります。


引越し先の敷金や礼金に不動産仲介手数料などを合わせるとその費用はばかになりません。


この引越し貧乏という状況に独身者がしばしば陥ってしまうことが多いのです。


では引越し貧乏になってしまう独身者はなぜ引越しばかり繰り返してしまうのでしょうか。


それにはいくつかの理由があります。


それは多くの場合、引越しで人生の流れをいい方向に一変させたい。


という願いがあるからだと思われます。


人生には実にいろいろな問題がおこり、それらをその都度解決していかなければなりません。


しかし、それらの問題や悩みなどを上手く処理できずに悪循環に陥ってしまうこともしばしばあります。


または、最近どうも良いことが無い。
すべてがマンネリ化して面白くない。


などの不満を持つ独身者がいつの時代にも多くいるものです。


そんな悩みや不満の解決策が、時として引越しに繋がることが多いのです。


住む場所を変えるということは、運気を激変させる行為といっても過言ではありません。


新天地で新しく出直したい。または、人生をリセットしたい。


そう考える独身者が後を絶たないのです。


このような理由による引越しを一度でも経験すると、それは癖になるものです。


そして、何か事あるごとに引越を繰り返すようになってしまうのです。


いろいろな街で住める。確かに、それはそれで楽しいことでもあります。


しかしその結果、引越し貧乏に陥ってしまうケースがあるのです。


お部屋探しはこちらから↓

価格.comの賃貸物件"一括検索"サイト「スマイティ」