独身者の暮らし

近年増加傾向にある独身生活者。一般的に孤独で寂しいイメージを持たれがちですが、その実態はどのようなものなのでしょう。一人で暮らす毎日を時に笑い、ある時は悲しみに暮れ、今日も多くの独身者がこの国に生きているのです。

独身者の帰り道

f:id:bigfields2000:20170712155511j:plain

 

夕暮れ時など、独身者の帰り道ほど哀愁が漂うものはありません。


1人で歩く帰り道、片手にはスーパーのレジ袋などが下がっているかもしれません。


コツコツと自分の足音だけが響く薄暗がりの帰路の中で、頭の中は今日の出来事の回想や帰宅後の予定を思いめぐらせているのかもしれません。


または、疲れて何も考えることが出来ないこともあるでしょう。


いずれにせよ、独身生活者が最も独身の身であると痛感するのは、家のドアを開けたとき、部屋の中は真っ暗だということです。


自分で部屋の明かりをつけ、手荷物を置くと、静かな部屋に自分だけの独特な時間が流れます。


とはいえ、住み慣れた自分の部屋はやはり安心するものです。


シャワーを浴びて一日の疲れを洗い流すのが先か、それとも、夕食の支度を始めるのが先か。


そこには10人いれば10通りの、まさに10人十色の帰宅後の過ごし方があるのです。

広告を非表示にする

独身者の婚活

多くの独身者が好きで独身でいるわけではありません。


例外もありますが、いつかは結婚したいと思っているものです。


現代の婚活事情とはどのようなものなのでしょうか。


独身者には大きく分けて二つのタイプに分けることができます。


まず一つは、好きで独身でいるタイプ。


いろんな事情により、結婚することを避けている人達です。


そしてもう一つのタイプは、結婚したいけど相手が見つからず、仕方なく独身でいるタイプです。


前者の独身者達は婚活をすることがありませんが、後者の独身者たちにとって婚活は日々取り組まなくてはならない大きな問題です。


20代前半の若い独身者にとって、婚活はそれほど切実な問題ではありません。


というのは、そのうち自然と相性のいい異性との出会いに恵まれるはずだと信じているからです。


実際運良く理想の結婚相手と巡り合い、自然に独身生活に終止符を打つ独身者もいます。


しかし現実はそう上手くいくとは限りません。


20代の後半頃になっても、なかなか結婚相手が現れず、婚活の必要に迫られる独身者も多いのです。


そして、婚活に励んでいるにもかかわらず結婚できずにいると、年齢を重ねるほどに焦りを感じ始めるものです。


特に女性は出産の問題などもあり、タイムリミットを意識せざるを得ません。


そのようなことを考えると、婚活は結婚を望む独身者にとって一大事と言っても過言ではなのです。


そんな婚活ですが、一般にどのような方法があるのでしょうか。


一般的に下記のような方法があげられます。


親類や知人からの紹介によるお見合い

 


これは、成功の確率が高く健全性も高い方法と言えます。


しかし、この方法は最近あまり見かけなくなりました。


昭和の中頃までは、年頃の独身者には見合い話が多方面から寄せられたといいます。


しかし、現代は親類付き合いなどが希薄になったせいか、それとも恋愛結婚が一般化したせいか、このようなお見合いによる婚活は減少傾向にあります。


結婚相談所に登録する

 

f:id:bigfields2000:20170712150648j:plain


これが現代の婚活における一般型と言えるかもせれません。


基本的なシステムとしては、結婚相談所に登録して定期的にお相手の紹介を受けます。


紹介を受けたお相手に関心を持ったらお見合いを申し込み、そして、そのお相手も同意すればお見合いを実施することになります。


その後、めでたく成婚にいたれば交際に発展します。


結婚相談所のメリットとしては、独身証明の書類などの提出を求められるので、お相手の身元や素性の信頼性は婚活サイトなどに比べると高いところです。


デメリットは、その料金の高さです。


入会金や年会費に成婚料などがかかり、その費用は年間でも数十万かかります。


結婚相談所に興味がある方はこちら↓

パートナーエージェントの資料請求をする  


婚活サイトを利用する

 

結婚相談所が結婚を大前提にしているお見合い結婚の色合いが強いのに対して、婚活サイトは恋愛結婚のような感じがあると言えるかもしれません。


システムはサイト上で希望の年齢や学歴に趣味などの条件を入力して検索します。


すると、検索に引っかかったお相手が画面上に何人も表示されます。


その中から、これはと思うお相手を選び、メールを送ります。


このメールの送信に対して返事が来ないこともあります。


めでたく返信があり、メール交換してもいいことになれば、メール交換でコミュニケーションをとります。


そして実際に会ってみたいと双方が思えば会うことになります。


その結果、交際してもいいということになれば交際に発展します。


婚活サイトは入会時の審査は簡単なものなので、軽い気持ちで入会したお相手や詐欺などのリスクがあるのがデメリットと言えます。


メリットとしては、料金が結婚相談所に比べると、とても安いところです。


以前は婚活サイトと言うとちょっと危ないイメージを持たれる方も多く、そのような理由から利用しない人も多くいました。


しかし、最近は広く世の中に浸透し、多くの方が利用するようになっています。

 

婚活サイトもようやく市民権を得るような時代になったということですね。


婚活サイトはこちらから↓

ネット婚活するなら!!!☆★エキサイト婚活☆★  

 

 

広告を非表示にする

独身者と習い事

独身者の生活は大抵の場合、家にいる時間と仕事場にいる時間に分けられます。


そのため、独身者の社会とのかかわりは多くの場合、仕事によってもたらされます。


いわば人間関係の多くは仕事場の人ということになるのです。


しかし、仕事場の人間関係だけでは満足できないという人がほとんどだと思います。


そこで、仕事以外に人間関係を求めることになるわけですが、交友関係を広げるということは、そう簡単な事ではありません。


そして、趣味のサークルや、ボランティア活動などをしてみようかと考えるものの、自分に合ったものを簡単に見つけられないという人も多いのではないでしょうか。


そこで、どうしたらいいだろうかと考えたときに、習い事が思い浮かぶのです。

 

f:id:bigfields2000:20170712145343j:plain


そして、独身者と習い事はとても相性がいいのです。


以前から何となく興味があるものや、今まで以上に深く探求したいものなど、考えればいろいろと思い浮かぶものです。


習い事で自分の世界を広げると同時に、新たな交友関係も築くことができるなら、一石二鳥と言えるのではないでしょうか。


お金と時間を自由に使える独身者にとって、自己の世界を広げたり好奇心を探究することは独身者であるからできる贅沢とも言えそうです。


良い習い事との出会いが充実した独身生活を送るカギと言えるかもしれませんね。


習い事探しはこちらから↓

スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」  

 

 

広告を非表示にする

カフェで寛ぐ休日

行きつけのカフェで過ごす休日

 

独身者にとって行きつけのカフェを持つことは生活の質を高めるうえで大切なことと言えます。


平日に乱れた精神状態をリセットするために、また、一人で読書をしたい時などに、行きつけのカフェは独身者にくつろぎの空間を提供してくれるのです。


特に洗練された店である必要はなく、ドトールベローチェなどのチェーン店でも充分です。

 

長時間過ごすのもいいですし、15分程度の小休憩でもいいのです。


要は、その人が最も落ち着いてくつろげるかがキーポイントです。

 

f:id:bigfields2000:20170712103244j:plain

 

広告を非表示にする

銭湯で疲れを癒す休日

家風呂にはない銭湯の効用

 

f:id:bigfields2000:20170712102522j:plain


家族と暮らす人に比べ、独身者の日々の暮らしは福利厚生面で何かと劣る面が多いのが現実です。


食事面、健康面など、家族のサポートが無い独身生活の健全性が下がってしまうのは、ある意味当然のことと言えるでしょう。


しかし、独身者はそれを上手くカバーする秘策をそれぞれ持っているものです。


その一例が銭湯です。


知っている人が意外と少ないのが、家風呂と銭湯の違いです。


銭湯は家風呂の延長線上にあると思っている人もいると思いますが、これは全くの別物です。


何が違うのかというと、それはリフレッシュの度合いです。


体の芯から温まり、全身の新陳代謝が活発に行われるせいか、その効果は家風呂の比ではありません。


そのような銭湯の効用を知っている独身者は家に風呂があっても週末になるとわざわざ銭湯に出かけるのです。


一週間の疲れを銭湯でキレイに落とす。


このような生活の知恵をいくつ知っているかが独身生活の成否を分ける決め手と言えるかもしれません。

 

図書館で過ごす休日

暇な休日に図書館へ行くという選択肢もあり

 

 f:id:bigfields2000:20170712102027j:plain
 
図書館で過ごす休日。


なんだかとても地味なイメージを持たれるかもしれませんね。


しかし、たとえ地味でも、独身者にとって休日の図書館はとても便利で利用価値の高い公共施設なのです。


多くの庶民が休日は楽しくエンジョイしたいと感じていることでしょう。


それはもちろん独身者も同じで、休日はいろいろと楽しむ計画を立てるものです。


しかし、時にネタが尽きる日もあるのです。


なにをして過ごしたらいいかわからない。


「暇だな」と感じる休日です。


そんな日に図書館を目指す独身者は数多くいることでしょう。
 
 
図書館の静かな閲覧室で読書にふける。
 
 
そんな休日の過ごし方も時にはいいものです。

広告を非表示にする

ビデオ鑑賞で楽しむ休日

f:id:bigfields2000:20170712101503j:plain

映画が外出して楽しむ娯楽であるのに対し、ビデオ鑑賞は自宅にこもったまま楽しめるものです。


休日にビデオ鑑賞をして過ごす独身者は、外出するより休みは家の中にいたほうがいいというインドア派の独身者と言えます。


誰にも気兼ねせず、自室でスナック菓子やドリンクと共に楽しむビデオ鑑賞はある意味とても贅沢な時間とも言えるかもしれません。